吉田雅紀のGENKIな365日語録

吉田雅紀のGENKIな365日語録一覧

「ベンチャーサポートネットワーク」を運営する、一般社団法人ベンチャーサポートネットワークの理事長、吉田雅紀が、10年を超える起業支援を経て発信する、起業家が「腑に落ちる」ショートメッセージ!
過去の配信メッセージを一挙公開!メルマガ配信希望の方は今すぐユーザーに登録

全 300ページ: 1 2 ... 293 294 295 296 297 298 299 300
2005年3月17日(木) No.33

Have→Do→Be

箕面オフィスでのセミナーのこと。
講師の大野さんがHave→Do→Beというお話をしておられました。

70年代は物のない時代で「何を持つか、持っているか?Have」の時代。
80年代は「何をするか?何が出来るかの、Do」の時代。そして21世紀は「どう生きるか?どう在るか?在り方のBeの時代」とのお話でした。

大野さんは「在り方」をミッション(使命)ともおっしゃっていましたが在り方さえ固まれば、スキルなんて、勝手に付いてくると。確かにそうですよね。

人は Have→Do→Beと進化して、やっと自分の「在り方」に迷いがなくなるんでしょうね。僕もがんばろ‥っと。

なるほど!ザ・ヨシダ (279)   う~ん... (300)
 
2005年3月16日(水) No.32

「自分を主語に...」

元三重県知事の北川さんが以前僕にこんな話をしてくれはりました。

「吉田君、国民の為に政府が、県が、行政が、○○をする。この考え方が間違ってる。これって主語が県や行政になってる。主語は国民でないとあかん。国民がいい社会を作る為に県や政府や行政に○○をさせる。こうでないとダメです。主語が国民でないと‥」

僕は自分を主語にしてどれだけ喋れてるかな?

なるほど!ザ・ヨシダ (284)   う~ん... (286)
 
2005年3月15日(火) No.31

自己破産はしない

僕はいつも「自己破産はしたらアカン」といっている。
アントレプレナーは特にそうだ。二代目や三代目の場合は、先代からの借り入れがあるので自分が個人として返済するのは不可能な金額になっているかもしれないがアントレプレナーの場合は、全部自分で作った借金だ。

だから、返済できる金額のはずだし、返済できる金額でとどめておかなければならない。

自己管理責任から逃れるような無責任さは、ネットワークに大きなダメージを与える事になり、再起を困難にしてしまいかねない。そして、自分自身の精神的ダメージも大きい。

たとえやり直しがきく状態であっても、自ら「人間失格」の烙印を押してしまう事がある。自分自身が自分の人間性まで否定してしまうのだ。
落ち込んでいる暇などないはずなのに。。。だから、自己破産はしたらアカン。

なるほど!ザ・ヨシダ (287)   う~ん... (285)
 
2005年3月14日(月) No.30

消費者金融には手をだすな

資金繰りに窮したとしても消費者金融や街金融を利用するのは論外だ。
経常利益を10%出せば、優良企業だと言われる時代にあって、普通の事業で20%や30%といった高金利の利子が払えるわけがないのだから。

なるほど!ザ・ヨシダ (286)   う~ん... (284)
 
2005年3月11日(金) No.29

パクリとマネはちがうねんで‥

パクルとはコンセプトやポリシーをいただくことをいいます。
マネとは姿や形、見た目をいただくことをいいます。それと、パクッたからにはそこに新しいアイデアを引っ付けて、新しい形(見た目)を生み出さないとパクったことになりません。

マネはマネです。マネはあきません。

「マネしたらあかんがな、パクらな!」

なるほど!ザ・ヨシダ (280)   う~ん... (289)
 
2005年3月10日(木) No.28

撤退条件を親しい人に公表する

ビジネスプランに撤退計画を明示していてもいざそうなった時に決めたように行動するのは難しい。「何とかしなくては」という責任感と「僕にはこれしかない」という思い込みや失敗することへの敗北感、見栄、プライドそんなものが入り混じって撤退計画どおりに行動できなくなる。

そこで、この撤退計画を信頼のおける親しい人たちに好評しておく事をお勧めする。周囲に好評しておけば、これ以上できない時には、ヤメという約束だったはず・・・と周りが諫めてくれる。

ヤルにしてもヤメルにしても僕たちはひとりでは何もできないと肝に銘じるべきだ。

なるほど!ザ・ヨシダ (283)   う~ん... (282)
 
2005年3月9日(水) No.27

撤退計画をビジネスプランに盛り込む

失敗した時にご迷惑をおかけする人を如何に少なくするか。
ゼロにはできないが、ご迷惑をおかけする方に対しても誠心誠意対応すればこちらの気持は伝わる。そのためには事業に対する撤退計画を最初から作っておくことをお薦めする。

撤退計画とは、つまり、「こうなったらヤメル」という計画の事。
資金繰りがどういう状況まで追い込まれたらヤメルといった事をビジネスプランに盛り込んでおく。

なるほど!ザ・ヨシダ (281)   う~ん... (282)
 
2005年3月8日(火) No.26

継続は力?それとも悪?

この変化の時代を生き抜くためには自分も変化し続けなあきません。
その意味では「継続が悪」の時代かも‥。
継続するためには「継続は悪」と考える。

なんか禅問答みたいですが、継続は力であり!悪であり!

なるほど!ザ・ヨシダ (278)   う~ん... (286)
 
2005年3月7日(月) No.25

人生に無駄 はない

今が不幸か幸せか、 失敗か成功かはわかりませんが、今があるのは人生が連続しているからです。過去の一時を捉えて「あの何年間は無駄だった」なんていう人がいますが、その無駄 があったからこそ、今があるのです。

交通事故で入院した病院の看護婦さんと結婚して今は幸せ!
この交通事故は無駄やったでしょうか?

人生のどこかの部分を否定したら、その後の人生をすべて否定することになってしまいます。

人生に無駄はないです。

なるほど!ザ・ヨシダ (286)   う~ん... (295)
 
2005年3月4日(金) No.24

失敗をリアルにイメージする

アントレプレナーは、成功のイメージと同じぐらい失敗のイメージがリアルに想像できなければならない。上場記念パーティで挨拶する自分と事業に失敗して誰もいなくなった、椅子も机もないがらんとしたオフィスに一人立っている自分。

この両方を想像できるようでなければいけない。

なるほど!ザ・ヨシダ (295)   う~ん... (282)
 
全 300ページ: 1 2 ... 293 294 295 296 297 298 299 300

ページの先頭へ戻る