吉田雅紀のGENKIな365日語録

 に一票

ご投票ありがとうございました!

2005年3月1日(火) No.21

問題の発見と解決

問題には、「発生型」「発見型」「発掘型」があります。

子供がテーブルの角で頭を打って怪我をしたとします。
これはすでに起こっている問題ですから、「発生型」です。
怪我をしているのですから応急手当と病院に連れて行くことが先決。
対策は2の次です。

「発見型」とは、テーブル角を見て、ここで頭を打ちそうだと事前に対策を講じることです。

「発掘型」とは問題を創出するプロセスです。
子供が伸び々育つ環境を考えて角が尖がったテーブルを選ばないというプロセスです。
つまり、何を将来の問題とするかということです。


なるほど!ザ・ヨシダ (407)   う~ん... (398)

ページの先頭へ戻る